私のエステがここにある

女性のお顔そりの写真とタイトル

「なぜ、お顔そりが必要なの…?」

 

「気にはなってるんだけど、なんだか不安。。。」

 

「女性のスタッフはいるのかしら…?」

 

最近は「お顔そり」の良さがずいぶん広まってきました。

でも、まだ「お顔そり」のことについて知らない人も多いはず。

そんな「お顔そり」についてお答えいたします。

1. なぜ「お顔そり」が必要なの?

女性のお顔そりのイメージ写真

・お顔そりにはたくさんのメリットがあります

うぶ毛は太陽の光や照明でキラキラ光り、意外と人目について目立ってしまいます。

日本人はうぶ毛も黒いので、うぶ毛ケアをすることでお肌の明るさがアップします。

さらに、お顔そりをしたお肌はうぶ毛がファンデーションの邪魔をしないので、時間がたってもムラを最小限に抑えます。

たまご肌のイメージ写真

・女性の素肌の美しさは「透明感」

うぶ毛がお肌を覆うことでくすんで見えがちです。

うぶ毛を取り除くことで、ツルんとたまご肌になり透明感が上がります。

くすみの原因となる古い角質や毛穴汚れも取り除くので、スキンケアの代わりにもなります。

お肌のお手入れに時間がとれない方、ナチュラルメイクやすっぴん風メイクには「お顔そり」がおすすめ!

2. 何だか不安で…。

国家資格者のイラスト

・お任せください! 有資格者が施術します。

国家資格を取得したプロの理容師が、優しくお肌を傷めないように丁寧に施術します。

小鼻や口周りなど、ご自分ではできない立体的な部分も、AXISの「お顔そり」ではしっかり対応させていただきます。

・うぶ毛を剃ると濃くならないの?

家でのうぶ毛のお手入れとプロの理容師がうぶ毛を剃った場合の違いを図解で説明しています

うぶ毛は剃っても濃くなりません!

剃った後の毛の断面が広くなることで濃くなったように感じる方もいらっしゃいますが、プロの「お顔そり」は断面がお肌表面から見えにくくなるため、安心して施術を受けて頂けます。

3. 女性のスタッフはいるのかしら…?

女性の理容師がお顔そりをしている写真

・お顔そり担当の女性スタッフが対応いたします。

国家資格を取得した女性のグルーミングアドバイザーが担当します。

ミニエステも担当いたしますので、なんでもご相談ください。

料金の確認はコチラをクリック

お顔そりを体験して初めてわかるイロイロなこと。

「お顔そり」をした後… 実感!!

お客様の声いただいています!

お客様アンケートの写真1

肌が白く見える

お客様アンケートの写真2

日本人はうぶ毛も黒色をしています。

黒いうぶ毛のせいで肌は実際の色よりくすんで見えています。うぶ毛を処理することで肌が白く美しく見えます。

メイクのための「お顔そり」

お化粧ノリが変わる

お客様アンケートの写真3

お化粧ノリが悪く、厚塗りになってしまう原因はうぶ毛が肌に凹凸を作ってしまっているからです。

さらに、クレンジングで落とし切れていない汚れや、お肌の古い角質が残っていることもお化粧ノリが悪くなる原因の一つです。

「お顔そり」をすることで滑らかさが均一になることでお化粧ノリが格段に変わります。

化粧水の効果が良くなる

お客様アンケートの写真4

うぶ毛は化粧水を吸い込みます。

うぶ毛がなくなる事で化粧水がすべてお肌にいきわたります。

たくさんのお声ありがとうございます!

お客様アンケートの写真5
予約状況を確認する

ウエディングドレスのイラスト

ウェディング、成人式でご利用をお考えの方はコチラをお読みください。


お顔そり専用スペースの写真

リラックスして「お顔そり」の施術を受けて頂くために専用のスペースをご用意しています。

「お顔そり」を体験していただく際、周りの目が気にならないようにパーテーションでスペースを区切りますのでご安心ください。申し訳ありませんが「お顔そり」の後のメイクスペースはご用意しておりませんのでご了承ください。


お顔そりに使用する道具の写真

女性のお顔そり専用に開発された化粧品シリーズを使用して、素肌をツヤ肌に導きます。

リアル果実発酵酵母液などの酵母・酵素のチカラで素肌を整え、キヌアエキスなどのスーパーフードで美肌を追求。米ぬかエキスでしっとりしなやかに仕上がる、お顔そり専用に開発されたアイテムを採用しています。バラの女王であるダマスクローズの精油配合で柔らかな芳香が心を穏やかにリッラクスさせてくれます。

お顔そり専用のかみそりを使用し、使い捨ての替え刃なので清潔です。


熊野筆の写真

経済産業大臣指定伝統工芸品の熊野筆を採用しています。

熊野化粧筆(熊野筆メイクブラシ)は、広島県安芸郡熊野町で作られている伝統的工芸品指定の化粧筆です。
伝統的な技術が注ぎ込まれた熊野の化粧筆(メイクブラシ)は、その品質の高さから、ハリウッド女優や芸能人のメイクを手掛けるメイクアップアーティスト達にも愛用されています。


美容皮膚科医の赤須医院長著書「赤ちゃん肌に変わる 顔そりスキンケア」の写真

美容皮膚科医の赤須医院長もお顔そりを推奨しています。


予約状況を確認する


 

「顔ツボ」「筋膜リリース」「リンパエステ」+「お顔そり」で理想顔に。

「顔ツボ」を刺激しながら、硬くなっている「筋膜」をはがし、「リンパエステ」で流す!

ヘアポートアクシス メニュー 3Dエステのタイトル写真
筋膜リリース・3Dエステに興味のある方はコチラをクリック